弁護士視点で知財ニュース解説

弁護士視点で知財ニュース解説

  • 著作権法改正 新47条の5
    権利者に及び得る不利益が軽微であるが社会的に有用な行為類型として規定されたのが新47条の5の規定です。 新47条の5の規定は,検索情報の特定,所在に関する情報を検索,その結果を提供する行為,電子計算機による情報解析を行い,その結果を提供する行為が規定されており,今後も政令で指定さ
  • 著作権法改正 新47条の4
    権利者の利益を通常害さないと評価できる行為類型として二つ目に規定されたのが新47条の4です。 新47条の4の規定は,情報処理の高速化を行うためにキャッシュを作成する行為,インターネットのサービスプロバイダがウィルスや有害情報等のフィルタリングを行うための複製,メモリ内蔵型携帯音楽
  • 著作権法改正 新30条の4
    権利者の利益を通常害さないと評価できる行為類型として一つ目に規定されたのが新30条の4です。 新30条の4の規定は,AIによる深層学習,リバースエンジニアリング,コンピュータシステムのバックエンドにおける著作物の利用の他に,楽器の開発のために試験的に楽曲を演奏する行為,美術品の複
  • 著作権法改正 日本版フェアユースの導入か?
    フェアユースとは,著作権の権利行使制限について,アメリカ著作権法で採用されている考え方です。 アメリカ著作権法では,以下の4つの判断基準のもとで公正な利用(フェアユース)に該当すると評価されれば、著作権の行使が制限される(著作権侵害にあたらない)ことになります。 利用の目的と性格
  • 種苗法違反有罪判決破棄
    広島高裁松江支部は,平成30年11月9日,種苗法違反により懲役1年6月,執行猶予4年,罰金200万円を言い渡した鳥取地裁の判決を取消し,審理を鳥取地裁に差戻しました。 種苗法という法律は,あまり聞きなれない法律ですが,植物の新品種の保護等を目的とした法律です。 植物の新品種は,日
  • マリカー判決(3)
    それでは,マリオやルイジの帽子,シャツ,オーバーオールのズボンの色を含めた組み合わせが任天堂という出所を表示する機能を獲得しているかといえば,非常に微妙な判断になるのではないかと思います。 例えば,任天堂が,過去に,他社に対して,マリオやルイジの帽子,シャツ,オーバーオールのズボ
  • マリカー判決(2)
    サザエさんに関する東京地裁の判決では,多くの人が特定のキャラクターに対して抱く愛玩的イメージが著作権法によって保護されると判示されているわけです。 しかし,大阪高裁昭和60年9月26日判決では,ポパイに内包する愛玩的イメージが著作権法によって保護されるのかについて次のように判示さ
  • マリカー判決(1)
    「マリオ」のコスチューム衣装を貸し出した上で公道でカートを走らせる行為が,任天堂の知的財産を侵害することになるのか。 東京地裁は平成30年9月27日に,このような行為が不正競争防止法に違反すると判断しました。 判決は,閲覧が制限されているため内容の詳細は不明ですが,著作権侵害と
  • フラダンス訴訟 大阪地裁判決
    フラダンスの指導者のフラダンスの振付けが著作権法によって保護されるかが争われた事件で,大阪地裁が,平成30年9月20日,フラダンスの指導者の主張を一部認める判決を下しました。 大阪地裁の判決では, フラダンスが特定の歌詞に対応するハンドモーション(一つとは限らない)と典型的なもの
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分