収益物件管理

収益物件管理

収益物件管理(個人) 一覧

images/individual/main_property-in.jpg" alt="" style="float:left;margin-right:20px;">土地や建物といった不動産は、高価な財産であるうえに、住居や店舗といった生活の基盤となる場所を提供するという意味でも非常に重要な財産です。 この結果、賃貸経営をされている方は当然のこと、住居あ
賃貸経営をされている方にとって、借家人や借地人が賃料を支払わない、放置できない迷惑行為が継続している等の理由により、借家や借地からの立退きを求めざるを得ない場合があります。 立退きを求める場合には、賃貸経営をされている方と借家人あるいは借地人との間で締結されている賃貸借契約を終了させる必要があります。 当事者の合意で締結した賃貸借契約は、一方的に解除すること
立退きを求めることまでは考えていないが、頻繁に賃料支払いが遅れる賃借人から賃料の回収を行いたいという場合があります。 賃料未払対策としては、ある程度の保証金を受け取っておくという方法が有効ではありますが、最近では、保証金の低額化が進んでいることもあり、賃料数か月分の保証金を設定すると入居者が、なかなか見つからないという問題があります。 まあ、ある程度の保証金
賃借人は、賃貸借契約に定められた賃料を支払う必要があり、賃料が周辺の相場より高いという理由で一方的に賃料を値下げすることはできません。 基本的に賃料は、合意により何時でも変更することが可能ですが、合意が成立しない場合には,法律に定められた手続きを経る必要があります。賃料の減額を求める(増額を求める場合にも同様です。)場合は、まず、調停を申し立てて話し合いをす
長年建物や土地を賃借していた賃借人から、「建物や土地を返還したいが、ついては明渡料を支払って欲しい。」という要求をされているが、これに応じなければならないのかという趣旨の相談を受けることが少なからずあります。 このような要求を受けられる方というのは、マンションを賃貸されている方よりも連棟の長屋をお持ちの方、住居用に土地を貸しておられる方、しかも非常に長期間賃
マンションオーナーの方から受ける相談として、賃貸借契約が終了する場合の賃借人の原状回復義務の内容があります。 マンションオーナーの方とすれば、新たな入居者を募集するには、床やバス・トイレ等の洗い、壁紙等の交換、エアコン等の清掃が必要であり、これは先の入居者の負担において行われるべきであると主張したいところです。 しかし、賃借人は、通常の使用により発生する損耗
着手金 着手金は、契約成立時に発生いたします。着手金の金額は、請求する金額又は請求されている金額によって異なります。(顧問契約を締結している場合には3分の2の金額となります) 請求金額着手金 300万円以下の場合 請求金額の8%相当額(税別)※ただし、最低100,000円(税別) 300万円を超え3000万円以下の場合 請求金額の5%相当額+9万円(税別)

ページトップへ戻る

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分