個人のお客様

離婚

B型肝炎ウイルスに感染した方 国から給付金が支給されることをご存じですか?
医療過誤の実績が豊富な弁護士が対応するので安心!!平成29年1月12日までに手続を行う必要があります

B型肝に感染されている方で以下の3つの条件に該当する方は一定額(最大3600万円)の給付金を受けることができます。ご本人が亡くなられていても、相続人が給付金を受け取ることができます。現在、B型肝炎ウイルスに感染している。昭和16年7月2日?昭和63年1月27日生まれ。満7歳になるまでに集団予防接種等を受けて感染した(3つの条件を満たすお母様から感染した方も対象となります。)。

よくあるご質問

肝炎を発症していなくてもいいの?
はい、肝炎を発症していなくても感染が認められれば給付金の支給を受けることができます。
ずいぶん前の話だけど大丈夫?
予防接種を受けたことを示す資料が残っていなくても請求の方法はありますので、私たちにご相談ください。
いつまでに請求すればよいのですか?
現在の法律では、平成29年1月12日までとなっています。
請求を検討されている方はお早めにご相談ください。
弁護士費用が心配なのですが・・・
弁護士費用は給付金が支払われた場合にのみ発生します。
支払われた給付金の6%を弁護士費用としていただきますが、4%は国から支給されますので、あなたが負担する費用は給付金の2%だけになります。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分