個人のお客様

マンション管理・運営

管理組合の運営について

管理組合の理事長から次の期の理事になって欲しいと相談がありました。仕事で忙しいのですが就任しないといけないのでしょうか?報酬はもらえるのでしょうか?

管理組合は、共用部分の管理のため、区分所有者全員で組織する団体です。

重要な事項は、定期的に開催する総会で決議しますが、常務に関する事項は、理事役員を選任し、理事会で決議して進めることになります。

通常、理事等の役員は、区分所有者間での選挙により選ばれることになりますが、小規模のマンションでは各自の負担を軽減するため、持ち回りで担当することが多いようです。

報酬については、管理規約に定めることで、受け取ることもできますが、国土交通省が平成20年に実施した調査では、『報酬を支払っていない』が75.9%と大半を占めており、『理事全員に報酬を支払っている』は17.7%と報酬を定めていないマンションが多いようです。

st279.jpgなお築年数が新しいマンションほど割合が高い傾向にあるようで、実際に支払われている金額の平均としては、理事一律に支払っているケースで月額3,600円、一律でないケースで、理事長が月額9,300円、理事が月額5,500円、監事が月額4,900円という程度(国土交通省『平成20年度マンション総合調査結果について』)とのことです。

実際には、ほとんどの管理組合で、管理組合業務の運営を管理会社に委託しているものと思われますので、管理会社との折衝が中心的な業務になるようです。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分