弁護士視点で知財ニュース解説

弁護士視点で知財ニュース解説

詰め将棋は著作物?

cont_img_27.jpg最近,やらなくなった将棋ですが,詰将棋のアプリ制作にあたり,書籍やネットの問題を使用することの可否に対する弁護士の回答を目にすることがあり,少し違和感を覚えたので紹介させてもらうことにしました。

私が目にした回答では,パズルゲームの著作物性を認めた東京地裁平成20年1月31日判決(平成18年(ワ)第13803号)を参考に,書籍などで紹介されている詰将棋に著作物性が認められる可能性が高いという内容になっていました。

上記判決で東京地裁は,「数学の代数や幾何あるいは物理の問題とその解答に表現される考え方自体は,アイデアであり,これを何らかの個性的な出題形式ないし解説で表現した場合は著作物として保護され得るとしても,数学的ないし物理的問題及び解答に含まれるアイデア自体は著作物として保護されないことは当然である。」,「このことは,パズルにおいても同様であり,数学の代数や幾何あるいは物理のアイデア等を利用した問題と解答であっても,何らかの個性が創作的に表現された問題と解答である場合には,著作物としてこれを保護すべき場合が生じ得るし,これらのアイデアを,ありふれた一般的な形で表現したにすぎない場合は,何らかの個性が創作的に表現されたものではないから,これを著作物として保護することはできないというべきである。」と判示しています。

この考え方は,裁判所において繰り返し示されている考え方であり,平たく言えば,数学の代数や幾何あるいは物理の問題を従前から用いられている表現方法で示した場合,表現それ自体に作者の個性が表現されていない(アイデアがダイレクトに表現されている)ので著作物といえませんが,表現方法に個性が表現されている場合には著作物性が認められることになるのです。

この裁判で問題になった,栓をした瓶の中の物体が,瓶に触れていてもいなくても,密閉されている以上,重量は変わらないという物理法則に関する出題で,天秤の左右の皿にそれぞれ小鳥を入れ,栓をした瓶を置いて天秤が釣り合っている場合において,片方の皿の瓶の中の小鳥が飛び跳ねたとき,天秤の釣り合いがどうなるかという表現方法で出題されている場合,「瓶の中で小鳥が飛び跳ねる」という方法で表現したところに個性の現われが認められ,著作物性が認められています。

他方,1本の糸を用いて,この糸を上下に交差させた部分を6点有する形状のものをAないしDの4箇所にわたって設け,その糸の両端を引いた際に結び目がAないしDのいずれにできるかを当cont_img_86.jpgてさせる出題では,糸を用いて表現することは,ありきたりの表現方法であるため著作物と認められませんが,6箇所の交点を有する糸あるいはひもにおける,各交点における糸あるいはひもの上下関係や複数の交点の配置の選択の範囲は,少なくとも64通り(2の6乗)存在し,交点の数を6とするかその前後にするとさらに選択の余地がある中,6箇所の交点を有する,結び目を形成しない3通りの糸と結び目を形成する1通りの糸の合計4通りの特定の形状の糸の選択(組合せ)を行っている点で編集の著作物と認めることができる判断されています。

この編集の著作物というのは,非常に理解しづらい著作物なのですが,素材の選択,配列に創作性を有する著作物であると理解してもらえればよいと思います。
そして,編集の著作物で選択された個々の素材が著作物である必要はありません。単なる事実やデータを任意に選択し,配列した場合,その選択と配列に創作性が認められれば編集の著作物と認められるのです。

ここで,詰将棋について考えてみたいとおもいます。
詰将棋は,一般的に,棋譜の書き方をそのまま使用して表現されているのではないでしょうか。
仮に,そういうものであれば,詰め方そのものはアイデアですので著作権法で保護されませんし,表現の方法にも個性を認めることができませんので,詰将棋一つ一つの表現が著作物であるということはできないと思います。
ただし,数ある詰将棋の中で,素材を選択し,それをある意図のもとで配列し,そこに十全にはない個性が表現されているならば,それは編集の著作物にあたり,それをアプリなどで複製した場合には著作権違反ということになります。

現在の著作権法の考え方を前提にすると,これが正確な回答ということになるのではないでしょうか。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分