弁護士視点で知財ニュース解説

弁護士視点で知財ニュース解説

  • 特許権と独占禁止法の関係
    生産現場へのIoTの導入,通信機能を持つ製品開発において通信技術の活用は不可避です。この結果,従前であれば通信とは全く関係のなかった産業が,通信に関する標準規格を使用するようになり,この傾向は,今後も拡大していくことになります。 このような状況において問題となるのは,以前から通信
  • ゲームバー問題
    家庭用ゲーム機を設置し,飲食を提供するとともに,ゲームを楽しむ場所を提供する「ゲームバー」が問題になっています。 大阪で三店舗のゲームバーを運営しているクロノスは,ゲーム会社などから警告を受け,平成30年7月28日に店舗を閉鎖することを発表しました。 ゲーム会社が販売するゲーム機
  • 「違法漫画サイト」の根絶に向けて
    違法漫画サイトの問題が深刻化しており,国内のコミックスなどが70,000冊以上掲載されているサイトや,月間1000万アクセスを超えるサイトも存在するようです。 他方で,コミックの売上げは大幅に低下しており,政府も,「漫画家やクリエーターに入るべき収益が海賊版サイトに奪われることは
  • 「金魚電話ボックス」撤去問題
    金魚の養殖が盛んな奈良県大和郡山市が平成25年から設置していた「金魚電話ボックス」が撤去されることになったという報道がされました。 「金魚電話ボックス」は,設置された当初,発想の斬新さやおもしろさが話題になり,マスコミにも取り上げられていました。 ところが,「金魚電話ボックス」の
  • デザイン保護と商標法(1)
    商品形態は,その商品が果たすべき機能を前提に,経済的要因,社会的要因,芸術的要因が相まって最終的な形態が決定づけられるものであって,商品の出所を表示するために形態が決定されるということは基本的にありません。 しかし,そのような商品形態であっても,長年市場に受け入れら,多くの方に使
  • デザイン保護と著作権法
    著作権法が保護する著作物には,絵画,彫刻,音楽など様々なものがあります。 これら代表的な著作物は,創作者が,表現の対象を選択し,自らが抱く美を表現するというところに特徴があります。 そして,このような代表的な著作物は,この世に一つしか存在しない,いわゆる一品ものとして著作権法によ
  • 店舗デザインの保護(3)
    東京地裁平成28年12月19日決定においては, 「店舗の外観(店舗の外装,店内構造及び内装)は,通常それ自体は営業主体を識別させること(営業の出所の表示)を目的として選択されるものではないが,場合によっては営業主体の店舗イメージを具現することを一つの目的として選択されることがある
  • 店舗デザインの保護(2)
    店舗デザインが裁判所で争われた事例では,「ユニクロ」だけではなく,「めしや食堂」の大阪地裁平成19年7月3日判決,「西松屋」の店舗デザインが問題となった大阪地裁平成22年12月16日判決がありますが,いずれの事件においても,一般論としては,店舗の外装,内部の構造,内装が,不正競争
  • 店舗デザインの保護(1)
    店舗の外装や店内の構造及び内装は,各社が工夫を凝らし,多店舗展開している会社では,統一的なコンセプトのもとデザインが行われているところです。 そして,統一したデザインの店舗を展開することで,店舗の外装や店内の雰囲気により,いずれの会社が経営している店舗であるかということが認識され
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分