個人のお客様

相続・遺言

遺留分減殺請求を主張することができる人は?

亡くなられた方の妻や夫は常に相続人となります。

st067.jpgそれ以外の親族は、遺産を受け継ぐにあたっての順位が存在します。
第1順位は子(養子を含みます)、子がいなければ孫(養子縁組後に生まれた養子の子を含みます)、孫がいなければ曾孫、これらの方がいなければ第2順位の両親、両親がいなければ祖父母、曾祖父母となり、これらの方がいなければ第3順位の兄弟姉妹となります。

遺留分は、第2順位の方までありますが、第3順位の兄弟姉妹にはありません。

相続・遺言 よくあるご質問一覧に戻る

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分