個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

遺言

遺言書を作成していなければ、相続人は遺産分割協議を行い自由にあなたの遺産を分割することになるのですが、この遺産分割協議において紛争になったり、あなたの遺志とは無関係な遺産分割が行われることが多いのです。 民法では法定相続分について規定されていますが、これは形式的で各家庭の事情が全く考慮されていません。ですから、遺産の形成に貢献した相続人や療養看護に努めた相続
質問の場合、相続人はあなたの配偶者と兄弟姉妹ということになります。 当然のことながら、あなたの配偶者は、あなたが亡くなった後、自宅に住み続けるでしょうし、あなたの蓄えを生活費として必要になるかもしれません。ところが、遺言書がない場合、あなたの財産の3分の1については兄弟姉妹が相続することになり、自宅を売却して遺産分割を行わなければならないという事態になるかも
あなたが生きている間は比較的良好な関係であったとしても、あなたが亡くなった後、前妻の子供らがあなたに対する遠慮がなくなり、再婚した妻や子供らに対して先鋭に意見を主張するようになるということがあります。 また、あなたが再婚した妻やその子供と生活を送っており、亡くなった後もその方々に土地や建物を相続させたいと考えていても、遺産分割協議の結果あなたの希望が実現しな
再婚した妻の連れ子と養子縁組をしている場合、再婚した妻との間にできた子がある場合というのは、遺産分割でトラブルになりやすい典型の一つです。 再婚後に形成した生活というのは、あなたが亡くなった後にも後妻やその子に残してあげたいと思うのが一般的です。仮に、そのように考えるのであれば、遺言書を作成することを検討すべきではないかと思います。
内縁の妻は相続人ではありませんので、他に相続人がいる限りあなたの財産を承継することはありません。ですから、内縁の妻に遺産を残したいと考えるのであれば遺言書を作成しておく必要があります。 また、内縁の妻との間にできた子は、非嫡出子になり、法律上、婚姻届を提出した妻との間にできた子の半分の割合しか相続できないことになります。仮に、内縁の妻との間にできた子に、他の
遺言書を作成すべきだと思います。 事業を営むには事業用資産が必要になり、それが遺産分割により分散されてしまいますと事業の継続すら危ぶまれてしまいます。このような事態を回避する方法の一つとして、遺言書は有効な手段と言えます。 なお、中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律が制定され、民法の遺留分に関する特例が設けられました。これについては後ほど詳細に説明
遺言は、満15歳の者であれば作成することができます。ただし、事物に対する一応の判断能力がなければ遺言書を作成しても無効になってしまいます。ですから、遺言書を作成するときに、事物に対する判断能力があるかどうかが重要であり、単に物忘れがひどい程度であれば、遺言書を作成することは可能です。 ただし、判断能力に疑義がある場合、相続人の一人が遺言の有効性を争う可能性が
成年後見人が就いている場合、単独で法律行為はできないのですが、遺言の場合は別です。遺言はものごとの判断がつく方なら作成することができるのです。 ただし、ものごとを判断する能力が一時的に回復しているときに作成することになり、医師二人の立ち会いが必要で、立ち会ってもらった医師に、ものごとの判断がつくときに作成されたこと付記してもらい、医師の署名・押印してもらって
遺言書といえば、財産の分け方ばかりに目がいきますが、遺言書に記載して法的効力を持つのは財産の処分に関することだけではありません。 大きく分類しますと、遺言書に記載して法的効力をもつものは3つあり, 相続に関する事項 身分に関する事項 財産の処分に関する事項 に分類することができます。
相続に関する事項。 相続人の廃除,排除の取消し 生前贈与の算定に関する意思表示 相続分の指定または指定の委託 遺産分割の禁止 相続人間の担保責任の指定 遺贈の減殺方法の指定 遺言執行者の指定または指定の委託
1  2  3  4

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分