個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

相続財産の分割

別段手続を経る必要はありません。 相続することになった骨董品、現金の引渡しを受け、それぞれが持ち帰ればよいだけです。
亡くなられた方の名義のままで事故を起こしてしまうと、相続人全員が自動車の保有者としての責任を負わされることになります。速やかに、相続された方の名義に変更すべきです。
金融機関は、過誤払いを回避するために、亡くなられた方の預金を引き出したり、解約する際には、相続人全員の同意を求めてきます。そして、相続人の一人が相続した場合には、相続人全員の実印をおした遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員が押印していることを示す戸籍の提出が求められますので、これらを用意しておく必要があります。 なお、遺産分割調停や審判によって
上場している会社の株式であれば、名義書換は証券会社が代行するのが一般的です。この際、要求されるのが株券、株主票、相続による名義書換請求書、戸籍謄本、他の相続人の実印が押印された同意書、印鑑証明書を要求されるのが一般的です。ですから、遺産分割協議書に押印する際、同意書への押印や印鑑証明書の交付をしてもらえれば、手続がスムーズに進みます。
まず、被相続人と相続人全員の戸籍謄本が必要になります。被相続人については、出生から死亡するまでを明らかにする原戸籍等も取り寄せる必要があります。 そして、相続人全員の実印が押印された遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書、弁護士などに登記手続きを行ってもらうのであれば、実印を押印した委任状も必要になります。
あなたに全く相続する意思がないのであれば問題ないですが、相続する意思があるのであれば遺産分割協議が成立するまで返送すべきではありません。 私も日常の相談業務で、何の話し合いもなく「相続分なきことの証明書」を一方的に送りつけてきたという相談を受けることがあります。仮に、不動産は相続する意思はないが、預貯金を代わりに相続するつもりなので送付してもいいのではという
相続が開始したからといって、名義の移転をしなければ違法というわけではありません。しかし、相続から時間が経過すると、相続人全員の実印や印鑑証明書を手にいれるのが非常に困難になります。また、相続人の一人が亡くなってしまったら、その人の相続人全員の実印や印鑑証明書を入手しなければならないことにもなり、手続が煩雑になる上、費用もそれだけ嵩むということになります。です

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分