個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

遺留分減殺請求

相続人が、被相続人の贈与や遺贈について遺留分を侵害する限りで効力を失わせる請求を行う必要があります。これを遺留分減殺請求といいます。 遺留分減殺請求は、訴訟などを提起しなくても、遺留分を侵害している人に対して意思表示をすればそれで効力が発生します。ただし、遺留分減殺請求の消滅時効との関係で、意思表示をする場合には内容証明郵便で、意思表示の到達日が明らかになる
質問されている請求のことを遺留分減殺請求といいますが、遺留分減殺請求は、相続の開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから1年間放置していると、行使することができなくなります。また、相続開始のときから10年経過したときも行使することができなくなります。 例えば、遺言書による遺産分割の手続が紛争になってしまったときなどには、内容証明郵便で遺留
まず、内容証明郵便で遺留分減殺請求の意思表示を行うべきです。 そして、遺産の中であなたが確保しているものがあるとするならば、その引渡しを拒み、相手の出方をみるべきだと思います。このとき、話合いによる解決の可能性が少しでもあるのなら、最初は話し合いを試みるべきだと思います。そして、相手方との話し合いによる解決ができない場合には、相手方から調停、あるいは訴訟が提
まず、内容証明郵便で遺留分減殺請求の意思表示を行うべきです。 ただ、相手が応じてくれなければ意思表示を行っただけでは何も解決しません。 遺留分を侵害しているのが相続人であるならば、家庭裁判所に調停の申立をするのがよいと思います。遺留分を侵害しているのが相続人でないのなら、民事調停で話合う、あるいは地方裁判所に訴訟を提起することになるでしょう。
遺留分減殺請求は、遺留分を侵害している限りにおいてしか請求できません。 仮に、1,000万円の贈与があって、500万円の部分が遺留分を侵害しているのであれば、1,000万円の贈与全てを対象にするのではなく、500万円の部分のみ減殺していくことになるのです。
遺留分を侵害する遺贈と贈与がある場合には、まず遺贈について減殺し、それでも遺留分を確保することができないとき贈与について減殺することになります。
遺贈は、遺言を残した人が死亡すると同時に効力が発生しますので、価格に応じて減殺していくことになります。ただし、遺言書に遺留分減殺の順序が指定されている場合には、遺言書に記載された順番に従って減殺を行わなければなりません。
遺留分を侵害する贈与が複数ある場合には、最後の贈与から順番に遺留分を確保することができるまで減殺していくことになります。
贈与の対象となった財産が処分された場合、贈与を受けた人は贈与された財産に相当する金銭により遺留分を回復することになります。
認められます。 遺留分を侵害している人は財産を返還するか、減殺請求されている価格に相当する金銭の支払いかのいずれかを選択することができるのです。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分