個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

遺留分

遺産を相続できる可能性があります。 民法では、相続人の相続する利益を保障するために、遺産の一定割合については相続させなければならないことになっています。逆からいえば、亡くなられた方(被相続人)が遺産の中で、相続人のために残しておかなければならないということになり、この一定の割合のことを遺留分といいます。つまり、遺留分は、相続人を守る最低限の保障であるといえま
全ての相続人に遺留分が認められるわけではありません。 亡くなられた方の配偶者は常に相続人となり、第1順位が子、孫などの直径卑属、第2順位が両親、祖父母などの直径尊属、第3順位が兄弟姉妹となっていますが、第3順位の兄弟姉妹には遺留分がありません。
養子にも遺留分は認められます。 相続の上では養子も実子も区別はなく、同じ「子」として取り扱われますので、遺留分が認められるのです。
認められます。 婚姻届を提出していない男女の間で生まれた子のことを非嫡出子といいますが、この非嫡出子にも遺留分は認められています。 ただし、非嫡出子の遺留分は、実子である嫡出子がいる場合には、1:2の割合ということになります。
遺留分は、相続される財産を基準に算出されます。そして、相続人が両親や祖父母などの直系尊属だけのときは相続財産に対して3分の1、その他の場合には相続財産に対して2分の1が遺留分となるのです。 この相続財産に対する遺留分を,各相続人の相続分,頭数に応じた割合について遺留分が認められることになるのです。なお,相続分についてはこちらのQ&Aを参照してください
質問の場合ですと、相続人が配偶者であるあなただけになります。ですから、あなたの遺留分は、遺産に対して2分の1となります。
配偶者と2人の子ですので、相続人全員の遺留分は相続財産の2分の1となります。 そして、配偶者と第1順位の相続人(子)2人との割合は1:1で、第1順位の相続人の間では、頭数で分けることになりますので、つぎのようになります。 配偶者  1/2×1/2=1/4 子    1/2×1/2×1/2=1/8 子    1/2×1/2×1/2=1/8
相続人は配偶者(あなた)と直系尊属(夫の両親)になりますので、相続財産の2分の1が遺留分となります。 そして、配偶者と第2順位の相続人(直系尊属)との割合は2:1で、第2順位の相続人の間では、頭数で分けることになりますので、次のようになります。 配偶者  1/2×2/3=1/3 父    1/2×1/3×1/2=1/12 母    1/2×1/3×1/2=1
相続人が直系尊属(あなたと配偶者)だけですので、相続財産の3分の1が遺留分となります。 そして、あなたと配偶者がその遺留分を分け合うことになりますので、次のようになります。 あなた  1/3×1/2=1/6 配偶者  1/3×1/2=1/6
相続人は配偶者(あなた)と兄弟姉妹になりますので、遺留分は相続財産の2分の1となります。 ただし、兄弟姉妹には遺留分はありませんので、配偶者のみが遺留分を有することになり、次のようになります。 あなた  1/2
1  2

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分