個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

相続と登記

買主が求める移転登記に応じる義務があります。 お父さんは、法的に、買主に対して移転登記義務を負ったまま亡くなられ、あなた方相続人は、お父さんの移転登記義務を相続しています。 ですから、買主の移転登記の求めに応じる義務があります。
この場合、Bさんが土地の所有権を取得することになります。 お父さんが亡くなったことによって、あなた方相続人は、お父さんが負っていた移転登記義務を相続しています。 また、あなた方相続人は、自ら土地の譲渡をしているわけですから、法的には、土地を二重に譲渡した場合と同じ状況になります。 そして、土地を二重に譲渡した場合には、先に移転登記を済ませた人が所有権を取得す
あなたやあなたのお母さんは、買主に対して、それぞれ持分について自分のものであると主張することができます。 この場合、買主は、あなたとあなたのお母さんの持分については、何らの権利もない弟から購入したことになります。ですから、買主に登記が移転していたとしても、それぞれの持分の返還を求めることができます。
この場合、あなたとあなたのお母さんの持分については、何らの権利もない弟が抵当権を設定したことになりますので、抵当権設定行為については無効となります。 ですから、あなたとあなたのお母さんは、自らの持分について抵当権設定登記を抹消するように求めることができます。
排除することはできません。 遺産分割を行った後の第三者の権利設定については、先に登記した方の主張が認められてしまいます。 ですから、あなたの移転登記より先になされた差押えの登記がなされている以上、あなたは、差押えを排除することができません。
できません。 遺産分割を行った後の第三者の権利設定については、先に登記した方の主張が認められてしまいます。 ですから、あなたの移転登記より先になされた持分の移転登記の効力が認められることになるのです。
相続放棄は、相続開始のときに遡って効力が発生します。 ですから、あなたは、相続開始のときからお父さんの土地を相続していないことになります。 この結果、あなたの本来の相続分に対する差押えも他人の土地にあやまって差押えを行ったということになり、差押さえの効力はありません。
差押えの効力は有効です。 あなたの弟の相続分は、あなたの弟からあなたに移転した関係になります。 ですから、債権者の差押えとの関係でいえば、先に登記を備えた方の効力が認められることになるのです。
取戻すことができます。 あなたの弟さんが譲渡した4分の1のうち8分の1は無権限での譲渡ですので、譲受けた方が4分の1の譲受けの登記を行っていたとしても、持分の8分の1については取戻すことができるのです。
失うことになります。 あなたのお父さんは、生前に土地を贈与されたのですから、それをあなたが相続するので、あなたに所有権が帰属するようにも思えます。ところが、あなたのおじいさんは、おじさんに遺贈したわけですから、あなたのおじいさんは、異なる者に土地を二重に譲渡したのと同様の関係になるのです。ですから、先に登記を備えた者が自らの権利を主張することができ、質問の場
1  2

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分