個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

遺産相続開始直後の問題

みなさんの中には、相続人の間で協議を行い、話し合いがついて遺産を分けたときに遺産相続がはじまり、完了したと勘違いされている方が多いのではないでしょうか。遺産相続は、財産を残した方が亡くなるのと同時に発生するのです。そして、遺産増続が開始すると、亡くなられた方の遺産は、民法に定められた相続分に応じて相続人全員が共有している状態になるのです。 その後、行われる遺
そのようなことはありません。 人が亡くなると、3日程度で通夜・葬儀を行い、埋葬することになります。 同居の親族などは、市区町村長に対して、亡くなってから7日以内に、死亡届を出さなければならず(戸籍法86条)、この死亡届には、医師の死亡診断書か死体検案書も提出することが求められます。 ここで、亡くなられた方を埋葬するには、市区町村役場の許可が必要になり、この許
民法885条では、相続財産に関する費用は、相続財産の中から支払ってもよいと規定されています。 この相続財産に関する費用とは、相続財産の維持・管理にかかる費用のことを指します。亡くなられた方の葬儀費用は、厳密に言いますと相続財産の維持・管理に必要な費用ではありませんが、法律の世界でも葬儀は一般的に必要不可欠な祭事で、当然執り行われるべきものと考えられていますの
遺産相続にまつわる税金については、後ほど詳細に説明しますが、大きく分けて亡くなられた方の所得税の申告と、相続人が収める相続税があります。 亡くなられた方に収入があった場合、生前はご自身で所得税の申告をされていたでしょうが、最後の申告の対象となった月以降の所得については未申告のまま放置されています。この場合、相続人が亡くなられた方に代わり所得税の申告をしなけれ
そのようなことはありません。 遺産相続が亡くなられた方の死亡と同時に当然にはじまるというのは事実ですが、相続人が相続を受けるかどうかとは区別しれ考えなければなりません。遺産相続は、不動産や預金のようなプラスの財産だけでなく、借金等のマイナスの財産も引き継ぐことになります。仮に、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多い場合には、相続人は自分の財産で借金を返済
遺産相続は、失踪宣告がなされたときにも開始します。行方不明になって7年間、生きているか死んでいるのかも分からない場合、利害関係にの申立により、家庭裁判訴は失踪宣告を出すことになります。また、戦地や沈没した船舶にいた者、その他死亡の原因となる危難に遭遇した者については、危難が去った後1年間生死が不明の場合にも失踪宣告を出すことになっています(以上、民法30条)
遺言書がある場合、公正証書によって作成されたものでない場合には、まず家庭裁判所での検認という手続を済ませる必要になります。 そして、遺言書の内容を確認して、遺言執行者の指定があれば、遺言執行者が遺言書に従って分けていきます。遺言執行者の指定がなければ、相続人が遺言書に従って遺産を分けるという作業を行うことになるのです。ここで注意を要するのが、遺言書に遺産の全

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分