個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

相続税

相続税は、相続、遺贈、死因贈与によって財産を取得した場合に、その財産に対して課せられる税金です。死亡保険金などは受取人が相続人となっているときには、本来相続財産ではありませんが、みなし相続財産として相続税の課税の対象となりますし、相続開始3年以内の贈与があった場合には、相続財産に加算されることになります。 他方、借金などの被相続人の債務や葬儀費用、非課税の財
経済的価値がある、ありとあらゆる財産にかかってくると考えてよいです。 むしろ、相続税がかからない財産を覚えておき、それ以外の財産にはかかってくるものと考えておけばよいでしょう。 相続税がかからない財産には、以下のものがあります。 墓地・墓石、仏壇、仏具、神棚等 一定の社会福祉事業、更正保護事業、学校を運営する者、宗教、慈善、学術を目的とする事業などを行う者が
本来は相続財産ではないが、相続税の課税の対象となる財産のことをみなし相続財産といいます。 みなし相続財産には、相続または遺贈により取得したとみなされるもの、遺贈により取得したとみなされるもの、贈与または遺贈により取得したとみなされるものがあります。
相続または遺贈により取得したとみなされるものにはおもに以下のとおりです。 生命保険契約の保険金または損害保険契約の死亡保険金。ただし、被相続人が負担した保険料の額に対応する部分に限る 被相続人の死亡後3年以内に支給が確定した退職手当金、功労金など 被相続人の死亡のとき、まだ保険事故が発生していないもので、被相続人以外の者がその契約者である生命保険契約について
相続人不存在のときに、民法の規定により取得することになる特別縁故者への相続財産の分与がこれにあたります。
贈与または遺贈により取得したとみなされるものは以下のとおりです。 遺言によってなされた信託行為に基づく信託受益権 遺言により著しく低い価額で財産の譲渡がなされた場合の、対価と時価の差額 遺言により債務の免除や弁済などがなされた場合、その免除や弁済による利益
被相続人の債務は、相続開始のときに現に存在する額について、相続税の課税価格を計算するにあたり控除することができます。 控除の対象となる債務とは、住宅ローンや自動車ローンなどに加えて、被相続人が残した所得税、地方税、固定資産税等の公租公課も含まれます。
主たる債務者が自己破産をした場合など弁済することができないことが明白な場合には控除の対象となりますが、主たる債務者が弁済を継続しているような場合には控除の対象とはなりません。
控除されます。 葬儀費用は、厳密には被相続人の負債ではありません。しかし、相続人が当然負担する費用ですので、被相続人の債務とあわせ控除の対象とされているのです。
以下のものは葬儀費用に含まれます。 埋葬,火葬,納骨,遺骸の回送などに要した費用 葬式に際し施与した金品(香典返し,墓碑・墓地の購入費などは含まれません。) 葬式の前後に発生した出費で通常葬式に伴うと認められるもの(法会に要する費用は含まれません。) 死体の捜索,または遺骨・死体の運搬にかかった費用(医学上・裁判上の特別の処置にかかった費用は含まれません。)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分