個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

相続人とは

亡くなられた方から見て、子や孫のことを直径卑属といいますが、直径卑属は子が亡くなっていれば孫、子も孫も亡くなっている場合にはひ孫という具合に際限なく代襲相続することになります。しかし、このような直系卑属が一切いない場合には、直系の尊属が相続人となり、直系尊属についても直系卑属同様に際限なく代襲相続することは、こちらの質問で説明したとおりです。 直系尊属の代襲
兄弟姉妹の孫が相続人になることはありません。以前は、兄弟姉妹の卑属についても際限なく代襲相続することを認めていたのですが、昭和56年1月の民法改正で兄弟姉妹の代襲相続は一度のみということになり、甥、姪までということになりました。
できません。 将来、相続人になる予定の者のことを推定相続人と呼びます。そして、ここで両親(父母)は、将来、被相続人となる者ということになります。 推定相続人には、将来、遺産相続を受けられるという期待権が存在します。しかしこの期待権というのは、将来遺産を受けることができるというだけの権利でしかなく、将来被相続人になるであろう者の財産処分行為を止めることはできな
1  2

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分