個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

遺産相続問題の特徴

一つの理由として、みなさんの権利意識の高まりがあります。戦後、家督相続制が廃止された後も、長男が一家の財産を相続するという意識が強かったため、他の相続人が相続に際して相続分の財産を要求することが少なかったのです。 また、相続人から不平不満がでたとしても、ある程度の清算金を支払うことによってトラブルになる可能性が少なかったのです。ところが、最近では、みなさんの
遺言も何もない場合、遺産相続は民法にしたがって行われますが、民法には遺産相続の順位、遺産相続できる割合について規定されています。ます、これを理解しなければなりません。 遺言がある場合にも、後ほど説明する遺留分の問題が発生します。この遺留分の問題は、トラブルになると非常にやっかいな問題です。また,遺産相続の放棄が行われた場合、どの程度遠い親族まで遺産を相続する
まずは、あなた自身、過分な主張を行わないということが大切です。 また、他の相続人の意見によく耳を傾け、遠慮がちな主張があった場合にはそれを評価して、他の相続人の意見の真意を理解してあげる必要があります。遠慮がちな相続人は、あなたや他の相続人のことを思ってそのような主張を行っているのですから、それを正当に評価しなければ、やっかいなトラブルに発展することになりか
遺産相続の対象となるのは、不動産や株式、預金などのプラスの財産だけはなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。例えば、亡くなられた方が事業を営んでいるとき、事業を営むことによって形成された財産だけでなく、事業に伴う借金も相続することになります。 これをどのように相続するのかという問題は非常に難しい問題です。 相続人が次々に相続の放棄をしてしまうと、予想もし
そのようなことはありません。 不謹慎な話かもしれませんが、健在なご両親が交通事故にあって突然亡くなるということも考えられます。また、相続は、なにも両親からのものに限られるわけではありません。 相続は、場合によって祖父母から受けるということもあれば、あなたの兄弟姉妹からの場合もありますし、叔父・叔母の場合も考えられます。さらに、決して望まれることではありません
相続は、人の死亡を契機に当然に発生し、亡くなった方の意思は関係ありません。また、相続の場合、亡くなった方の財産や借金等が、相続人に包括的に承継されることになります。相続には、法定相続と遺言相続の2種類があります。 贈与は、AさんがBさんに無償で特定の財産を与えることを約束するという契約のことです。贈与する方が亡くなったときに贈与する契約のことを死因贈与といい

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分