個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

特別受益

被相続院の生前に、財産を譲り受けて利益を受けていることを特別受益といいます。 民法では、被相続人から贈与を受けたり、結婚をするときに持参金をもらったり、マンション、土地・建物を買ってもらうなど、生計の資本として贈与を受けたときは、それは相続分の前渡しを受けたものとして、その人の相続分から差し引くことになっています。
生前に贈与を受けた場合や遺言によって遺贈を受けた場合です。 ただし、民法では、婚姻、養子縁組、生計の資本としてなされたものに限るとされています。ここで、生計の資本とは、店舗資金を出してもらった、住居用の土地をもらった、他の兄弟とは異なり学費のかかる医学部を卒業させてもらった、海外留学をさせてもらったというようなものは含まれることになるでしょう。他方、小遣いを
特別受益として考慮されることになります。 特別受益に時間的な制限はありません。どれだけ以前に贈与されたものであっても、相続時には相続財産を事前に受け取ったものとして考えられ、相続分から差し引かれることになります。
特別受益として財産を評価する時点は、相続開始時です。 土地の贈与を受けた時点では2,000万円であったものが相続開始時には5,000万円になっているというのであれば、5,000万円のものを譲り受けたとして評価されることになるのです。
応じる必要はありません。 あなたが生前受けられた贈与のことを特別受益といいます。特別受益を受けた場合には、相続のとき相続分から差し引かれることになります。そして、差し引かれる金額は、相続開示を基準としますので、6,000万円前後で評価されるということになるでしょう。 すると、あなた方兄弟は、それぞれ2,000万円の相続分を有するということになり、あなたは、姉
必ずしも封をする必要はありません。 ただし、自筆証書遺言が封緘されている場合には、家庭裁判所で開封・検認してもらう必要がありますので、注意してください。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分