個人のお客様

相続・遺言

相続・遺言 よくあるご質問

相続・遺言に関して、皆様からよく相談される内容をQ&A方式でご紹介しております。

相続分

複数の相続人がいるときに各相続人が相続することができる割合を相続分といいます。この相続分は、亡くなられた方(被相続人)が遺言を残し、その遺言に定められている場合には、原則的には遺言に定められた割合によります。ここで、原則的にはと断りを入れたのは、遺留分制度により最低限保障されるべき相続分というものが存在し、それを侵害することができないからです。遺留分について
民法に定められた相続分のことを法定相続分といいますが、配偶者(夫、妻)は常に相続人となります。そして、配偶者と第1順位の相続人(子あるいは直系卑属)、第2順位の相続人(両親,あるいは直系尊属)、第3順位の相続人(兄弟姉妹あるいはその子)との割合が決まっています。なお,配偶者や他の相続人については以前のQ&Aで詳しく説明していますので参照してください。
そのとおりです。 いずれも婚姻届を行った法律上の配偶者との間に生まれた子に違いありませんので、平等に頭数に応じて分けることになります。
そういうことにはなりません。 婚姻届けを出した配偶者との間に生まれた子のことを嫡出子といい、内縁の妻との間に生まれた子のことを非嫡出子といいます。非嫡出子も相続人となることは、以前のQ&Aで説明したとおりですのでご参照ください。 ただ、非嫡出子は、嫡出子の相続分の2分の1しかありません。ですから、あなた方兄弟と内縁の妻との間に生まれた子との法定相続割
この場合は、第1順位の相続人がいる場合になりますので、第2順位である祖父母は相続人とはなりません。 そして、配偶者と第1順位の相続人とは1:1の関係で分けることになり、第1順位の相続人は頭数で等分することになるので、相続分としては次のようになります。 母    2分の1 あなた  6分の1 弟    6分の1 妹    6分の1
この場合、第1順位の相続人がいませんので、お子さんの妻と第2順位のあなたとあなたの妻が相続人になります。そして、第3順位である弟は相続人とはなりません。 そして、配偶者と第2順位の相続人の場合は、2:1の関係になり、あなたと妻とは等分で分け合うことになりますので次のようになります。 子の妻   3分の2 あなた   6分の1 あなたの妻 6分の1
この場合、第1順位、第2順位の相続人がいませんので、弟の妻と第3順位のあなた、弟、愛人との間に生まれた妹が相続人となります。そして、愛人との間に生まれた妹は、あなた方兄弟の半分の相続分しかありません(こちらの質問を参照)ので、相続分は次のようになります。 弟の妻   4分の3 あなた   10分の1(1/4×2/5) 弟     10分の1(1/4×2/5)
あなたのお父さんが存命であれば相続分は次のとおりです。 祖母   2分の1 亡父   6分の1(1/2×1/3) 叔父   6分の1(1/2×1/3) 叔母   6分の1(1/2×1/3) そして、あなたの父の相続分は、あなとあなたの姉が代襲相続することになりますので、それぞれの相続分は次のとおりになります。 祖母     2分の1 叔父     6分の1(
あなたのお父さんが存命であれば相続分は次のとおりです。 叔父の妻  4分の3 亡父    8分の1 叔父の姉  8分の1 ただ、あなたのお父さんが亡くなっているわけですから、あなたのお父さんの相続分はあなたと弟が代襲相続します。よって、相続分は次のようになります。 叔父の妻  4分の3 叔父の姉  8分の1 あなた   16分の1 弟     16分の1
あなたの父、叔母が存命であれば相続分は次のとおりとなります。 叔父の妻   4分の3 亡父     8分の1 亡叔母    8分の1 そして、あなたとあなたの弟が亡父の相続分を、従兄が亡叔母の相続分をそれぞれに代襲相続します。よって、相続分は次のとおりとなります。 叔父の妻   4分の3 あなた    16分の1(1/8×1/2) あなたの弟  16分の1(

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分