個人のお客様

医療過誤

小児科

小児科における診療契約関係にない両親に対する説明義務 東京地裁平成15年4月25日判決の事例を参考 1,760万円の支払いを命じた事例 ケース 【長男の経過】 私は、平成4年1月26日、長男を出産しましたが、出産後1ヶ月ほどして水平方向の眼振が生じました。 私は、長男を出産した総合病院で診察を受けましたが、原因は判明しませんでした。 その後、私は、平成5年
医師の使用する医療器具の安全点検を怠ったことの過失 東京地裁平成15年3月20日判決の事例を参考 5,000万円の支払いを命じた事例 ケース 【手術に至る経緯】 私は、平成12年2月8日、体重1,645グラムの男の子を出産しました。 ところが、息子は、出生直後から呼吸障害が診られたため入院し、しばらく気管内挿管により人工呼吸療法を受けていました。 主治医か

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分