個人のお客様

個人のお客様

医療過誤

医療過誤

眼科・耳鼻咽喉科

網膜剥離が黄斑部に達していることを認めながら緊急手術を実施しなかった過失 東京地裁平成15年5月7日判決の事例を参考 2,734万円の支払いを命じた事例 ケース 【白内障手術の経過】 私は、平成10年8月18日、右眼の白内障手術を受けるために入院しました。 このときの私の右眼の視力は0.6であり、視野は正常でした。 私は、平成10年8月20日、白内障手術(
近視矯正手術における手技上の過失 大阪地裁平成14年8月28日判決の事例を参考 1.588万円の支払いを命じた事例 ケース 【手術前の視力】 私の遠方視力は、右眼0.07ないし0.08、左眼0.1ないし0.15でしたが、矯正すれば、両眼とも1.0の視力を得ることができており、乱視はありませんでした。 また、近方視力は正常な範囲にあったし、コントラスト感度の

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分