個人のお客様

医療過誤

神経科

脳梗塞患者に対する治療・経過観察に関する注意義務違反 大阪地裁平成16年4月28日判決の事例を参考 請求棄却の事例 ケース 【入院】 父は、1月20日、軽度の意識障害が認められ神経内科に脳梗塞のため入院しました。なお、父は、スロンノン(抗凝固剤)の点滴投与等を受けていました。 【脳梗塞の治療】 1月23日の父の様子は、話をしている途中で寝てしまうような傾眠

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分