個人のお客様

B型肝炎

B型肝炎

法律で定められた資料を提出することで速やかに給付金の支払いを受けることができます。 STEP1 必要な書類を集める 法律で定められた書類を提出することになります。直接感染された思われる方と二次感染されたと思われる方とでは必要な書類は異なります。 STEP2 国を相手に訴訟を提起する 国を相手に訴訟を行うというとなると大変ではないか思われるかもしれませんが、
必要な書類は,ご本人でしか取り寄せができないものです。以下の内容を確認頂き書類を取り寄せてください。 B型肝炎給付金を受給する上で裁判所に提出しなければならない書類は以下に示す4つの事項に関するものです。 書類によっては時間の経過により入手困難な書類もあり,そのような書類については代替の書類の提出で足りるとされています。 詳細については,以下を参照してくださ
必要な書類は,ご本人でしか取り寄せができないものです。以下の内容を確認頂き書類を取り寄せてください。 二次感染の方(母子感染) 二次感染の方(父子感染) 出産の時に母から子へB型肝炎ウイルスが感染する母子感染は、母がB型肝炎ウイルス給付金の支給対象である一次感染者の場合、感染した子は二次感染者となり、給付金を請求する権利が認められています。 母子感染(二
B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって発症する肝炎の一つです。 肝臓は、糖質、たん白質、脂肪、ビタミンなどの栄養分の生成、貯蔵、代謝、血液中のホルモン、薬物、毒物などの代謝、解毒、出血を止めるための蛋白の合成、胆汁の産生と胆汁酸の合成、身体の中に侵入したウイルスや細菌感染の防止などの機能があり、人が生きていく上で非常に重要な役割を担っていま
出生時または乳幼児期にB型肝炎ウイルス(HBV)に感染してB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)になると、その多くはある時期まで肝炎を発症せず、健康なまま経過します(無症候性キャリア)。 しかし、B型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)は、10歳代から30歳代にかけて肝炎を発症します。 一般に、この肝炎は軽いものであることが多いために、本人が気
B型肝炎ウイルス持続感染者であっても肝機能検査が正常の場合があります。B型肝炎ウイルス持続感染者(HBV キャリア)で肝機能異常(慢性の炎症)がみつかった人でも、直ちに本格的な治療を必要とするほど進んだものではない場合もありますが、ある程度進んだ慢性肝炎を放置すると、肝硬変や肝がんに進展することもあるので注意が必要です。 B型肝炎ウイルス(HBV)に感染して
B型肝炎の治療法には、大きく分けると以下の治療方法があります。 肝庇護療法 抗ウイルス療法 免疫療法 HBV(B型肝炎ウイルス)キャリアの発症による慢性肝疾患(慢性肝炎,肝硬変など)では全身状態、肝炎の病期、活動度などにより、治療法の選択が行われます。 肝庇護療法 肝庇護療法は、肝臓が破壊されるのを防ぎ、肝機能を改善させることを目的とした治療法です。原因で
60代男性、軽度肝硬変、給付金2500万円 Aさんは、血液検査の結果B型肝炎ウイルスに感染していることが分かり、その後の精密検査で軽度の肝硬変を発症していることが判明したことから、当事務所に相談されました。 母子健康手帳が残っておらず、お母様の生前の血液検査の結果も分からない状況でした。 このためAさんご本人に小学校の集団予防接種を受けた記憶がある

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分