個人のお客様

B型肝炎

B型肝炎訴訟事例・よくあるご質問

60代男性、軽度肝硬変、給付金2500万円

Aさんは、血液検査の結果B型肝炎ウイルスに感染していることが分かり、その後の精密検査で軽度の肝硬変を発症していることが判明したことから、当事務所に相談されました。

母子健康手帳が残っておらず、お母様の生前の血液検査の結果も分からない状況でした。

このためAさんご本人に小学校の集団予防接種を受けた記憶がある旨の陳述書を作成してもらうと共に、小学校の卒業証明書を取寄せてもらい、お母様の死因が肝疾患ではないことを示すために死亡診断書も提出しました。
以上に基づく裁判の結果、給付金2500万円の和解が成立しました(弁護士費用自己負担50万円+消費税)

70代女性、感染者は死亡、給付金3600万円

Bさんは、10年ほど前にご主人を肝臓がんにより亡くし(死亡当時40代)ました。Bさんは、夫が肝臓がんになったのは、幼少期に集団予防接種等によりB型肝炎ウイルスに感染したことが原因だったのではないかと考えて当事務所にご相談されましたが、ご主人の母子健康手帳は残っておらず、お母様も既に亡くなっており生前の血液検査の結果も残っていない状況でした。

このためご主人が集団予防接種を受けたことに関する陳述書をご親族や幼なじみのご友人に作成してもらうとともに、お兄様に血液検査を受けてもらうなど、代わりの証拠を集めて提出しました。

以上に基づく裁判の結果、給付金3600万円の和解が成立しました(弁護士費用自己負担72万円+消費税)

30代男性、慢性肝炎1250万円

Cさんは、高校生の頃に献血をした際、B型肝炎ウイルスに感染していることが分かりました。しばらく経過観察を続けていたものの、症状が悪化し、肝硬変の手前の症状であると診断されたことから、当事務所に相談されました。

お姉様もB型肝炎のキャリアであったことから母子感染も疑われましたが、お母様に血液検査を受けてもらった結果、HBc抗体高力価陰性であり、お父様の血液検査結果も同様に陰性でした。

以上に基づく裁判の結果、給付金1250万円の和解が成立しました(弁護士費用自己負担25万円+消費税)

よくあるご質問

肝炎を発症していなくてもいいの?
はい、肝炎を発症していなくても感染が認められれば給付金の支給を受けることができます。
ずいぶん前の話だけど大丈夫?
予防接種を受けたことを示す資料が残っていなくても請求の方法はありますので、私たちにご相談ください。
いつまでに請求すればよいのですか?
現在の法律では、平成34年1月12日までとなっています。
請求を検討されている方はお早めにご相談ください。
弁護士費用が心配なのですが・・・
弁護士費用は給付金が支払われた場合にのみ発生します。
支払われた給付金の6%を弁護士費用としていただきますが、4%は国から支給されますので、あなたが負担する費用は給付金の2%だけになります。
  • お問い合わせ・メールはこちら
  • お電話でもお気軽にご質問・ご相談ください。営業時間:平日9:30〜21:00 TEL:06-6360-7020

B型肝炎まとめページはこちら

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分