個人のお客様

離婚

離婚

離婚」を決断したとき、考えなければならないことたくさんあります。
そして、未成年の子供がるいる場合といない場合とでは、考えなければならないことは異なります。

未成年の子供がいる場合

あなたが考えなければならないポイントは7つあります。

  1. 離婚までに別居期間がある場合に婚姻費用をいくらにするか
  2. 子供の親権者を夫と妻のどちらにするか
  3. 子供の養育費をどうするか
  4. 子供との面会交流をどうするか
  5. 夫婦で築いた財産、婚姻中に負った負債をどうするか
  6. 慰謝料をどうするか
  7. 年金をどのように分割するか

未成年の子供がいない場合

あなたが考えなければならないポイントは4つあります。

  1. 離婚までに別居期間がある場合に婚姻費用をいくらにするか
  2. 夫婦で築いた財産、婚姻中に負った負債をどうするか
  3. 慰謝料をどうするか
  4. 年金をどのように分割するか

離婚について弁護士に相談すると、以上のポイントにつき適切にアドバイスをし、離婚後に再び問題が発生することを回避することができます。
離婚の条件は、基本的には話し合いにより決定します(裁判所で話し合いをするというのが「調停手続」ということです。)

多くの離婚での「条件」の内容は、話し合い(交渉)によって決定されるのです。
仕事などで契約交渉などを行っている方にとっては、直感的に理解できると思いますが、話し合いを行うにあたって、事前に獲得しておきたい「おとしどころ」を決めておかなければ、話し合いが相手のペースで進む可能性が高くなります。

話合い」という限りは、「話合い」先立って、獲得したい内容を決定しておかなければなりません。

弁護士に相談した上で離婚の話合いを行いますと、あなたが獲得できる内容を前提に、離婚についての話合いを行うことができます。

婚姻費用や養育費の金額は、あなたの収入と夫あるいは妻の収入によって決定され、一定の基準が設けられています。

また、財産分与については、結婚した後に二人で作り上げた財産、あるいは二人で負った住宅ローンなどの負債を確認する必要があります。

離婚原因が夫あるいは妻の浮気、暴力である場合には、慰謝料を請求していくことになりますので、浮気や暴力が存在したことを示す証拠を入手しておく必要があります。

これらの情報をお持ちになって当事務所にご相談頂ければ、離婚にあたって、あなたが獲得しなければならない条件を適切にアドバイすることができます。
離婚が成立するまでに多くの時間を要することがあり、専門的知識を駆使する必要がある場合が少なくありません。
スター綜合法律事務所では、あなたとともに、離婚条件があなたの望むものとなるように全力でサポートします。

離婚」を考えられた場合には、スター綜合法律事務所にご相談ください。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分