個人のお客様

個人のお客様

多重債務問題

多重債務問題

破産に関するQ&A〈保証人への影響〉

Q.自己破産をすると、保証人に迷惑がかかりますか?

自己破産により、申立人本人の債務が免責されても、自己破産の効果は申立人本人にしか及ばないため、保証人の債務は免責されません。この場合、保証人に一括請求がされることになり、保証人側で代位弁済が困難な場合は、保証人についても任意整理・個人民事再生・自己破産などによる債務整理の準備を進める必要が出てきます。
自己破産の申立をする前に、保証人に事情を伝えておくべきです。

Q.保証人が分割で返済することはできますか?

st181.jpg債務に保証人が付いている場合、債務者本人が自己破産をすると、原則として保証人に一括請求がされることになります。
保証人が一括で返済できない場合には、分割の交渉をする必要があり、任意の交渉(任意整理)で合意が得られれば,分割で返済することができます。
しかし、合意が得られない場合には、保証人自身も自己破産や民事再生手続を検討する必要があります。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分