個人のお客様

刑事事件

無実を証明してほしい

スター綜合法律事務所では、地方裁判所で有罪判決を受けた方から、高等裁判所での弁護活動の依頼を受け、逆転無罪判決を勝ち取ったことがあります。無罪判決を勝ち取るにあたり、改めて実感したことは無罪判決を勝ち取ることの難しさです。

日本の刑事裁判は精密司法といわれ、検察が99%有罪にできるという確信を抱かない限り起訴は行わないと言われています。裏を返せば検察が起訴すればほぼ有罪ということになります。

当然のことながら裁判所は中立な立場で判決を下すのですが、100%に近い事件を有罪と判断するわけですから、無罪という結論に至ることに心理的な抵抗があるのかもしれません。

そもそも、刑事裁判では犯罪を行っていないことの「合理的な疑いが払拭できない」限り無罪の判決を下さなければなりません。これが世間でいわれるところの「推定無罪」です。
しかし、裁判を受けている人が無罪であることを積極的に示して裁判所を納得させることができなければ無罪を得ることができないという感想をもっています。

高等裁判所において逆転無罪が言い渡された事件では、検察、弁護士が提出した専門化の意見が焦点になっており、一審の弁護士が提出した専門化の意見でも犯行の存在を疑うに十分な資料は提出されていたと思うのですが、それでも地方裁判所は有罪判決を言い渡しました。
なお、当事務所が手掛けた逆転無罪判決の事例は、多くの新聞紙に取り上げられたことからも無罪(逆転無罪)がどれほど珍しいことであるかを示しています。

裁判所は分かってくれるだろうは通用しない

st193.jpg警察や検察で無罪の主張を通すのは大変なことです。
捜査を行う側は、取り調べの対象となる者を完全に疑っていますので、あなたの弁解を容易に聞き入れることはしません。犯行を否認することは反省を行っていない証拠であるとして厳しい取り調べが繰り返されることがあります。
繰り返し取り調べを受けていると警察では理解してもらえないが裁判所なら理解してくれるだろうという気になり、警察や検察が求める調書に署名、指印を押してしまうことがあります。
しかし、警察や検察で認めた調書を翻すには、これを裏付ける客観的な証拠でもない限り非常に困難です。
ですから、「裁判所なら分かってくれるだろう」という期待のもと、事実と異なる調書に署名、押印することは絶対さけなければなりません。

冤罪は違法な捜査によって作り出される

警察や検察は、自白調書の存在を重視しており、取り調べを受けている方の自白を得ようと必死になります。そして、自白調書を得る過程で、肉体的な苦しいことを求めたり、何度も同じことを確認して精神的に疲弊させる、大きな声や物音をさせる等を、取り調べを受けている方から耳にすることがあります。他方で、「話してくれれば、刑を軽くしてやる」などと持ちかけられた方もいます。
一昔前と比較すると警察などによる取り調べも紳士的になっているとはいえ、「犯罪者は否定するものだ」という信念のもと、厳しい取り調べを行うという姿勢は現在でも継続しているというのが実感です。

違法な取り調べを抑止するためには、取り調べを受けている方が、取り調べのごとに、どのような取り調べを受けたかにつき書面で記録し、それを弁護士に交付することが有効的です。
また、納得を得られない警察や検察に無罪の主張を貫くためには、弁護士によるサポートが不可欠になります。

精神的なサポートが不可欠

身体を拘束され取り調べを受けていると「世の中の人間は、だれも私の主張など信用してくれない」という気持ちになってしまいます。
また、繰り返し説明しても信用してくれないのであれば、犯罪を認めた早く裁判を受けた方が良いのではないかという誤った考えをもつようになる可能性もあります。

無罪主張を貫くためには弁護士による精神的なサポートだけでなく、手紙などで家族の方も応援していることを示すことも非常に重要になります。

いわれのない濡れ衣は絶対に拭い去らなければなりません。
そのときのパートナーにはスター綜合法律事務所をお選びください。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分