個人のお客様

刑事事件

示談してほしい

示談は、犯罪の被害者と話合って被害の回復を行うとともに、犯罪被害者が処罰を望むという気持ちを和らげるものです。
示談を行うことで告訴や被害届を取下げてもらい事件化することを回避したり、被害者の処罰感情を和らげることにより起訴を猶予してもらえる可能性が高まります。
また、検察官によって起訴された場合であっても、示談が成立しているということが量刑に大きく影響し、執行猶予付判決を獲得できる可能性が高まります。

相手に被害を与える犯罪行為については刑事裁判だけではなく、被害の回復を求める民事裁判を申し立てられる可能性がありますが、示談を成立させて被害弁償を行っておくことで、民事訴訟を申し立てられるというリスクを回避することもできます。

st200.jpg示談を成立させておくことにより刑事事件として取り扱わないという可能性がありますので、示談を行うのであれば早い段階で行っておいた方がよいといえます。
しかし、示談の難しさは、一方が加害者であり他方が被害者であるというところにあります。
被害者は、基本的に加害者のことを恐れており、加害者とは一切話し合いを行いたくないと考えている場合が少なくありません。
このような場合に、加害者から一方的に示談を押し進めようとすると、新たなトラブルに発展したり、示談の成立がより困難になる場合があります。

また、警察は二次被害のことを考えて被害者の方の住所や連絡先を教えることがありませんので、加害者が直接示談を行いたいと考えても、示談のテーブルにつくことすらできないことも少なくありません。

ところが、弁護士が示談交渉を行う場合には、被害者とのトラブルを回避することができますし、被害者の方に確認してもらい警察から被害者の方の連絡先や連絡方法を教えてもらうことができる場合が少なくありません。

犯罪被害者との示談交渉は弁護士を介して行うのが最もよいといえるのです。
スター綜合法律事務所では、被害者の方に誠意をもって対応し、示談成立向けて粘り強く交渉を継続します。

示談交渉を依頼する

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分