個人のお客様

消費者被害(金融取引に関する問題)

過当取引のケース

consumer_07.jpg過当取引とは、金融商品取引業者が取引における顧客の口座に対し支配を及ぼし、顧客の金融商品取引業者への信頼を濫用して、手数料稼ぎ等の利益を図るために、当該口座の性格に照らして金額・回数において過当な取引を行うことをいいます。

過当取引は、顧客に対する誠実義務や利益配慮義務に反するものといえ、金融取引業者が自らの利益のために過当取引を行い、その結果顧客に損害が生じた場合には、不法行為となります。過当取引か否かは、顧客の属性、知識、経験、財産の状況等に照らし、不相当と認められる取引か否かにより判断されます。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分