個人のお客様

消費者被害

消費者被害消費に伴って発生する消費者被害とは、「生命・身体に関する消費者被害」と「財産に関する消費者被害」です。

消費者被害問題が発生する3つの理由。

  1. 消費者は生身の人間です。
    製品の欠陥やサービスにおいて、健康状態を維持できなくなったり生命・身体に深刻な被害を受けることがあります。
  2. 消費者は全ての事柄を理解していません。
    製品の品質や価格に関する情報は製造者・販売者より少なく、理解度も劣っています。
  3. 消費者は一般的に事業者に比べ交渉力が劣ります。
    巧みなセールストークや強引な売り込みを断り切れない場合があります。

消費者はこれらの被害を受けないよう、法律で手厚く守られています。

被害のパターン

近年の金融自由化の流れのなか、金融機関・業者が様々な金融商品・取引の勧誘を行うようになり、消費者が金融商品・取引に関するトラブルに巻き込まれる事例が増加しています。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分