法人のお客様

MBO支援

MBO支援

MBOは、management buy-outを省略化した言葉です。
management buy-outとは、オーナーではない経営者が、事業の継続を前提として、オーナーや親会社から株式を買取り、経営権を取得するということです。特に、従業員が事業の継続を前提として、オーナーや親会社から株式を買取ることを、employee buy-out(EBO)といいます。

オーナーでない経営者や従業員が企業や事業を買収する場合、買収資金を持ち合わせていない場合が多く、買収資金がない場合には金融機関や投資ファンドから買収資金を調達することになります。そして、金融機関や投資ファンドから資金を調達する際には、買収する企業や事業の資産やキャッシュフローに担保権が設定されるため、leveraged buy-out(LBO)の側面も有することになります。

MBO(LBO)は、オーナー経営者から、他の経営者や従業員などの会社幹部に事業を承継する手法であるため、オーナー経営者は創業利益を確保した上で事業を承継することができ、非中核部門の承継をする場合には承継により得た対価を中核部門に投入することで中核部門の強化や立直しを行うことができます。

また、上場企業の場合であればMBOにより上場廃止になりますので、短期的な市場の声に惑わされることなく、中長期的な経営戦略を保てるなど経営の自由度を高めることができます。そして、金融商品取引法のディスクロージャー規定による情報開示を行う必要がないため、企業戦略が外部の者に知られることなく、機動的な経営を行うことができます。さらに、上場を廃止することで、市場で買収を仕掛けられるというリスクがなくなります。

他方、一般株主が多い場合には株主との利害調整が必要になり手続が煩雑である上、上場会社の場合には、株式公開買付けの価格が意図的に低く抑えられる傾向にあり、株主に不利益が発生する可能性があります。

また、MBO(EBO)が成功したとしても、業績が大幅に悪化した場合には、債務の返済が非常に厳しくなるというリスクがあり、資金を貸与した金融機関や投資ファンドが経営に意見を差挟んできたり、経営者の交代を求めてくる可能性もあります。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分