法人のお客様

マンション管理・運営

管理費・修繕積立金とは?

マンションを購入したのですが、管理組合から毎月のローンと別に管理費や修繕積立金という名目で請求が来ます。拒めないのでしょうか?

管理費とは、管理組合の経費を必要費として区分所有者全員において負担する費用となります。
この管理費と同じく、区分所有者が負担する費用として修繕積立金というものがあります。

マンションは一つの建物の中に複数の住戸が存在する集合住宅ですので、それぞれの住戸の修繕とは別に、長期的には建物全体の補修(大規模修繕)が必要となってきます。

st293.jpg大規模修繕にかかる費用はマンションの規模にもよりますが、一般的には相当高額となることから、通常、管理組合では予め長期修繕計画を立て、そのための費用として毎月、一定額を修繕積立金として積み立てることになります。

このようにマンションを購入すると言うことは、区分所有者となることを意味しますので、管理費や修繕積立金の支払いが必要と言うことになってきます。

考えてみれば、一戸建ての場合、建物が傷んできた場合の修理費は全額自己負担ですので、マンションの場合、これを区分所有者全員で分担しているとも言えます。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分