法人のお客様

M∧A支援

M&Aの手法(株式譲渡)

株式譲渡


6_kabushiki_jyouto.jpg
中小企業において多く用いられるM&Aの手法の1つが株式譲渡です。

株式譲渡により、対象会社が発行する株式を取得し、対象会社の支配権を取得します。
中小企業間における株式譲渡によるM&Aの場合、少数株主とのトラブルの回避や機動的な経営実現のために、100%株式取得による完全買収をすることが一般的です。

株式譲渡のメリットとしては,手続が簡便なことが挙げられます。
また、対象会社の株主に変化があるのみで、対象会社自身について変化が生じるものではないので、原則として契約の相手方である取引先からの承諾や行政上の許認可を得る手間がかかりません。

しかしながら、原始株主から現在の株主に至るまで、株主名簿等の客観的な資料による紐付けができない場合、100%の株式が譲渡されていない可能性があり、このとき、会社を完全買収することができないというリスクがあります。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分