法人のお客様

労務

労務(使用者側)

労務スター綜合法律事務所では、健全な労使関係を構築して労働問題のストレスから会社経営者を解放したいという強い想いを持っており、会社経営者側専門の法律事務所として、解雇、退職勧奨、残業代、試用期間、精神疾患、団体交渉、労働審判、問題社員、パワハラ等の労働問題の予防解決に力を入れています。

健全な労使関係を構築して労働問題のストレスから会社経営者を解放したいという強い想いを持っている弁護士をお探しでしたら、当事務所にご相談下さい。

近年、競争の激化等により企業に余裕がなくなっていることや労働者の権利意識が高まっていること等を背景として、解雇、退職勧奨、残業代、試用期間、精神疾患、団体交渉、労働審判、問題社員、パワハラ等に関する労使紛争が急増し、会社経営者が労働問題の強いストレスにさらされることが多くなっています。しかし、健全な労使関係の構築を望んではいるもののその具体的方法について十分に検討・実施していない会社経営者がまだまだ多く、無防備な状態のまま労働問題の大きなリスクにさらされています。

採用すべきでない問題社員にチャンスを与えるつもりで安易に採用し、あまり管理せずに本人の自主性に任せた方がうまく行くと考えて十分な注意指導をせずに放置したところ問題社員が職場環境を悪化させてしまい、多数の退職者が出たり顧客からのクレームが多発したりして追い詰められてやっと問題社員の対応を検討し始めるものの、適切な対処方法が分からず、必要な手順を踏まずに問題社員をいきなり解雇した結果、解雇された問題社員から内容証明郵便が届いたり、労働審判を申し立てられたり、合同労組から団体交渉を申し入れられたりして、不当に非難されて強いストレスにさらされるだけでなく、解雇が無効と判断されて多額の解決金の支払を余儀なくされるケースは、決して珍しいものではありません。

また、残業代込みの月給という約束で採用し、残業の対価としての意味も込めて多額の手当や賞与を支払っていたところ、トラブルを起こして退職した問題社員から突然、残業代が支払われていないから払えと請求され、想定外の多額の残業代の支払を余儀なくされることも多発しています。

当事務所に相談にお越しになった多数の善良な会社経営者が、良かれと思ってやったことが裏目に出たことに関し、本当につらそうな様子で、社員に裏切られたとか、詐欺にあったようなものだとか、社員にも裁判官にも経営者の苦労を分かってもらえないだとか、法律が社会の実情に合っていないだとか、こんな問題社員に解決金を支払うくらいなら会社のために頑張ってくれている社員にこそ支払ってやりたいとか嘆いてがっかりしている姿を見ていると、本当に残念な気持ちになります。

せっかく世の中に貢献するために一生懸命育ててきた会社なのですから、労働問題で大きなダメージを被って取り返しがつかない結果になる前に、対処していかなければなりません。健全な労使関係を構築できて初めて、企業が持続的に発展し、会社経営者の夢も実現し、働く者のキャリア形成も図ることができるのです。

当事務所は、健全な労使関係を構築して労働問題のストレスから会社経営者を解放したいという強い想いを持っており、会社経営者側専門の法律事務所として、解雇、退職勧奨、残業代、試用期間、精神疾患、団体交渉、労働審判、問題社員、パワハラ等の労働問題の予防解決に力を入れています。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分