法人のお客様

IT企業向け支援

不正アクセスの禁止等に関する法律

他人のネットワークに侵入してデータを消去もしくは改ざんする行為については、刑法により、電子計算機損壊等業務妨害罪、電磁的記録不正作出罪、電子計算機使用詐欺罪として処罰することができます。しかし、刑法では、他人のネットワークに侵入する行為自体は処罰の対象とされていません。また、刑法では、他人の情報を自らの媒体に写しとって窃取する行為も処罰の対象とされていません。この結果、他人のネットに侵入した上で他人の情報を持ち出す行為は、データを消去・改ざんしていない限り処罰することはできませんでした。

fusei.jpgそこで、不正アクセスの禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)は、他人のネットワークに侵入する行為そのものを処罰の対象とし、3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。

また、不正アクセス禁止法では、他人のパスワードやID番号を無断で第三者に提供する行為も処罰の対象とされ、1年以下の懲役、50万円以下の罰金に処せられます。

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分