法人のお客様

企業の損害賠償

企業の損害賠償

企業とは何なのか?企業のあり方や本質、社会での果たすべき役割などについては、様々な意見がありますが、法律的な目線での評価(あくまで企業をとりまく一評価です)は、営利社団法人であり、日常的に営利活動を行う組織体といえます。

日常的に営利活動をする以上、契約上や契約外で、様々なトラブルも発生し、いわゆる損害賠償問題が発生することは、多かれ、少なかれ、不可避の問題です。

損害賠償とは、違法行為によって第3者に損害を与えた場合に、その損害を金銭評価して賠償することを指します。

企業は、損害賠償をする側、される側、双方の立場になります。

まず、損害賠償請求をする企業の動機づけですが、当然のことながら違法に損害を与えられた場合は、その損害の回復を図るだけでなく、それによって、企業自身、株主、ステークホルダーの利益を守ることに繋がります。

反対に、損害賠償請求を受ける企業のデメリットとしては、賠償金支払による損失発生、違法行為をしたとの評価による社会的信用の毀損、取引先の喪失、株価の下落等、請求に応対するための労力、訴訟費用、弁護士費用等の発生、訴訟長期化等による遅延損害金(年6%)支払いのリスク、株主に対する各種責任の発生、従業員の士気の低下等、様々なデメリットが生じます。

企業の損害賠償問題については、請求をする側の場面であり、請求をうける側の場面であれ、きちんとした経験と知識、ノウハウをもつ法律事務所に相談する必要があります。

是非、スター綜合法律事務所事務所に一度ご相談頂ければと思います。

当事務所の弁護士費用体系

ページトップへ戻る

スター綜合法律事務所

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4丁目11番22号
阪神神明ビル 2F

  • JR大阪駅より徒歩11分
  • JR北新地11-41番出口より徒歩8分
  • 地下鉄東梅田7番出口より徒歩10分
  • 地下鉄淀屋橋1番出口より徒歩10分
  • 地下鉄南森町2番出口より徒歩10分
  • JR新大阪駅より車10分